身体だけでなく、心と魂の痛みに触れる医療をめざします 身体だけでなく、心と魂の痛みに触れる医療をめざします 身体だけでなく、心と魂の痛みに触れる医療をめざします

上本町の整形外科 田辺整形外科 ニュース

患者が決めた!いい病院ランキング

オリコン・メディカル
『患者が決めた!いい病院(近畿版)』


整形外科部門 14位


(患者11万人によるアンケートの結果、
田辺整形外科が掲載されました。)

・2015/05/01
院長の健康コラム更新しました。
・2015/03/01
院長の健康コラム更新しました。
・2013/04/01
院長の健康コラム更新しました。
・2013/03/01
院長の健康コラム更新しました。

院長の健康コラム

太ももが痛くて歩けない! 変形性股関節症(2)

 前回に続いて、正しい診断により変形性股関節症であった場合、進行程度により異なりますが、治療方は保存的治療と手術治療になります。残念ながら傷んでしまった関節軟骨を修復・再生させることは現状では難しいのですが、正しい保存療法によって痛みが消失し、関節の悪化を防止でき、手術をしないで済むばかりか、たとえ将来、手術が必要になっても、手術適齢期まで待たせれば、必ずより良い手術結果を得る事が出来るからです。


 保存療法として①薬物療法:痛みや筋肉の緊張を和らげ、関節の破壊進行を防ぐ薬や、骨を丈夫にする骨粗鬆症薬を投与、②理学療法:患部の腫瘍やこわばりを緩和させるために、温熱・電気治療を行う、③装具療法:股関節に負担を軽減し、歩行移動を楽にできるようコルセットや杖などを処方、④リハビリテーション治療:筋肉のコリをほぐして痛みを楽にし、股関節を保護するための筋力強化を図る、⑤日常生活指導:これがとても大事!移動手段や避けたい行動、水中運動など家庭でもできるトレーニング方法の指導です。


 しかし、改善されなかったり破壊程度が進行した場合手術をお勧めしています。手術には練達したテクニックを必要とするため、安心できる手術医への紹介も重要なポイントとなります。

  • 田辺整形外科に初めてお越しの方
  • 田辺整形外科の診察券をお持ちの方

田辺整形外科 スタッフ募集

田辺整形外科の連携病院